どの証券会社をNISA口座にするか

どの証券会社をNISA口座にするか

 

2014年からこれまでの株にかかる税が10%から20%に引き上がります。

 

正確には復興税も徴集されるので20.147%が受取額から引かれることになります。NISAはこの徴集される税を2014年から5年間100万円の収入が非課税となります。大きな金額を取引している人も多いですが、今は株主優待などがあちこちの雑誌に取り上げられたり、テレビで特集されることがあります。

 

ですので普通の主婦が持っているへそくりや自分の中で使えるお小遣いで株を買って株主優待を楽しんでいるようなケースなども多いです。株の売買は金額によって手数料が変わってくるので証券会社を取引する株によって分けている人もいます。

 

NISA口座はいろいろな証券会社での収入100万円に対して非課税にすることもA証券会社で50万円B証券会社で50万円と分けることもできません。

 

ですので申し込みの際にどの証券会社でNISA口座を開くかというのは慎重に選ぶのがいいでしょう。

 

一般的には売り買いを多くする証券会社を選ぶのがいいのですが。今回各証券会社でいろいろなキャンペーンを組んでいます。申し込みでプレゼントをくれる証券会社。手数料を1年間にわたって無料としてくれる会社など魅力的なものもあります。簡単に決めてしまう前に、自分にとって有利にお得に申し込めるNISA口座を申し込むのがいいでしょう。

 

この申し込みには住民票が必要となりますので準備しておくのもいいでしょう。